PMSやPMDDの特徴とは

月経が始まる約2週間くらいから腹痛やイライラ・肌荒れなどの不調に見舞われるPMSこと月経前症候群については近年よく知られるようになってきました。
PMSの不調がさらに深刻な状態となってあらわれると言われるPMDDについては、まだまだ実態が知られていない面があります。
PMSもPMDDも月経前に起こる症状という点では同じです。
下腹部の痛みや頭痛やめまい、むくみなどの身体的症状のほうがつらいのがPMSで、主に精神的不調のほうが際立つのがPMDDといったような分けられ方をされています。

PMSにもイライラや気分の落ち込みが伴います。
下腹部痛や頭痛など身体に出る不調のほうをつらいと感じて精神面の不調は二の次といった場合はPMS。
腹痛などより極端に気持ちが沈みやすい状態になったり強い不安や緊張、不眠や集中力の低下など日常生活に支障をきたすほどの精神的不調に苦しんでいる場合にはPMDD。
このように、判断基準はつらさを抱えている本人次第ということになります。
PMDDの厄介なところはPMSのようにホルモンが原因の痛みと自分で気付きやすい下腹部痛などがあまりない場合、月経前の不調と気づかないまま適切な対処を行わず症状を悪化させてしまいがちな点です。

PMSで特徴的な腹痛や頭痛、むくみなどは月経が始まったとたん治まることもあって、自分がPMSだと認識できている人はつらい期間中も痛み止めなどを服用して乗り切ることができます。
ホルモンバランスの影響と気づかない人が多いPMDDの場合、月経が始まってからも精神的な不調が尾を引いて気持ちが沈みやすい状態が続いてしまう恐れもあります。
PMSは自覚しやすくPMDDは自覚しにくい不調という点も特徴的です。
PMDDの場合はホルモンバランスを整える治療ばかりではなく抗うつ薬や睡眠導入剤など精神を安定させる投薬治療が必要なケースもあるとされ、PMS以上に対処が複雑とも言えます。

PMSやPMDDはどこに相談するべきか

PMSやPMDDへの対処や治療を考えた場合、症状の原因が月経前のホルモン変化と自覚しやすいPMSは、婦人科への相談が適切と思い至ることができます。
深刻な症状には苦しんでいるものの原因が婦人科系と気づかないケースが多いPMDDでは抑うつや不眠、強い不安などの精神的な症状から心療内科や精神科を受診する人も少なくないと言われます。
実際に精神的な症状が強く出ている場合はPMDDと診断されていても抗うつ薬などが投与されることもあり、本人が病院の何科を受診したら良いか迷っている段階では判断が非常に難しいことがわかります。

自分自身でうつ病と疑うほど精神的不調が強く出ていると先に精神科や心療内科を受診して、抗うつ薬などの処方を受けて治療を続けることになります。
その場合は主な原因であるホルモンバランスの不調が放置されることになってしまうため、改善が遅れてしまうことも考えられます。
PMSやPMDDの状態が常に続くようになってしまう更年期障害の場合も、抗うつ薬では改善しにくいことがあります。
婦人科でホルモン補充療法を受けるほうが良くなりやすいとも言われます。
更年期障害でみられるような精神的不調が早期に出てしまう状態とも言えるPMDDの場合も、理想としては先に婦人科で正しい診断を受けてからサポート的に抗うつ薬などの処方を受けたほうが良いということになります。

その点から言えばPMSやPMDDの相談先として最適なのは婦人科も心療内科・精神科もある総合病院か心療内科の専門医もいるレディースクリニックということになります。
PMDDの場合は精神的不調がひどい場合には抗うつ薬などを使った治療をすることもあります。
ホルモンバランスに影響されて増大する自己卑下といった考え方のクセなどを治しておくことも重視されており、カウンセラーが常駐しているクリニックが適していると考えられます。
いずれにしても一人で悩み続けず、早めに専門家に相談することが大切です。