ピルは購入するなら病院より通販サイト > 生理痛や生理不順に悩まされている女性の割合

生理痛や生理不順に悩まされている女性の割合

生理痛や生理不順に悩まれている女性の割合は、約八割と言われてます。
それというのも、生理痛であれば痛みという症状がハッキリしている為、悩みとして訴えやすいものです。
しかし、生理不順の場合、月経が28日周期でなくても痛みや不快がなく、周期的に生理が来ていれば生理不順とは考えない人もいます。

実際に細かく調べれば生理不順でない健康な女性はごく僅かかもしれません。
それほどまでに女性に多い生理痛や生理不順でありながらも、一般的には市販薬を服用するだけで対処していたり、軽い気持ちで何とかなると放っておく人が多いのもまた事実です。

なぜなら、先ず生理痛や生理不順であってもどこに相談したら良いのか分からない人が多くいます。
相談してもホルモン剤の投与等による治療だと、長い間辛い思いをした結果、思うように変わっていないという経験をした人や、いつの間にか忘れて気にならなくなり、他の症状が出た時にようやくまた思い出す人が多いからです。
つまり現代医学の対症療法的な対処では不充分です。
もっと詳細に原因と対処を考えてくれるところでなければ、相談しても意味が無いと思っている人が潜在的に多い事をあらわしています。
病気だと認識して悩まされている人だけでも大変な割合である生理痛や生理不順を症状や身体全体を診て解決してくれるようなところがあれば、これだけ大きな割合で悩まされている女性がいることはありません。

実際には、病院や薬局が安易に対症療法的な投薬治療やホルモン剤による治療だけをしている事も問題です。
このような分野で安心して、或いは信頼して相談するところが分からないというところが1番の問題です。
現代医学では、月経の標準的な周期は28日前後となっていますので、それに対して明確な答えと対処法を相談できるところはどこなのか。
先ずはこれを明らかにする事によって、生理痛や生理不順に悩まされている人が少しでも悩みから解放される事を望みます。

生理痛や生理不順はどこに相談をするべきか

生理痛は症状によっては我慢できない腹痛どころか生活ができない場合もある為、先ずは病院へ行かれるのが良いでしょう。
どのような治療法になるにしても、我慢できないような痛みはできるだけ迅速に除去したほうが良く、その為には現代医学の方法が安全且つ確実な事が多いのです。
また、我慢できない程ではないが腹痛がある場合は、一般的には先ず内科診療を受け、検査や診断の後に必要であれば婦人科を受診される場合が多いように見受けられます。

つまり、ある程度病気だと認識できる状態であれば、先ずは病院で、医師に相談すべきです。
しかしながら、問題は自覚症状が少なく、生活にも大きな支障はないが、不定愁訴や随伴症状の原因が生理不順にある場合です。
このような場合に1番お勧めできるのは、漢方をしっかりと学んだ内科医か薬剤師です。

次の候補としては、漢方をしっかりと学んだ鍼灸師でしょう。
なぜなら、漢方の考え方は、症状は人によって出る場合と出ない場合がある為、症状よりも原因を解明する為に、顔色や舌や脈やお腹等の診断を総合して判断するからです。
特に熱心に勉強された先生の場合、原因が心の問題なのかそれとも飲食が原因なのかを明確に分析してくれます。
それができる人であれば、当然ながら日常生活で改めるべき習慣等や進んで行った方が良い習慣等、個人個人に合った対処法や薬、治療法を提示してくれるはずです。

当然ながら、緊急を要する場合は病院へ行かれる事をお勧めします。
少し気になっている生理不順のような場合は病院へいくよりも、信頼できる薬剤師や鍼灸師を見つける事ができれば、根本的な原因から、個人個人に合った対処法まで親身に相談に乗ってくれる事でしょう。

生理痛や生理不順に悩まされている女性の割合を読まれたあなたにオススメの記事