ピルは購入するなら病院より通販サイト > 市販の生理痛の薬のメリット

市販の生理痛の薬のメリット

日本人女性の8割以上が、生理前の辛い症状を自覚しています。
生理痛の改善方法としては市販薬を含めて色々ですが、痛みが酷すぎて耐えられなければ即効性のある市販のものが有効です。
但し即効性を期待できる市販薬は沢山あり、中には自分の体質に合わないものもあると言えます。
また効かないなどの副作用の問題もあるので、薬選びには十分な注意が必要になるわけです。

イブAは代表的な鎮痛剤の一つで、ドラッグストアや街のくすり店に必ず置かれています。
生理痛と頭痛に効果が高く、粒が小さくて飲みやすいのが特徴です。
口に入れても苦味を感じないので、薬が苦手な女性でも安心して服用できます。
容量・用法は一般的なタイプと同じで、15歳以上なら1回2錠を服用します。
この薬が向いているのは、激しい生理痛や頭痛に悩むケースです。

そのほか腰痛や歯の痛み、関節痛などにも効果を発揮します。
有効成分はイブプロフェンで、痛みの元となるプロスタグランジンを抑制します。
イブAには生理にともなうイライラや倦怠感など、痛み以外の症状も緩和する作用が期待できます。
それ故生理の影響が精神面に出やすい女性に、特に大きな効果を発揮すると言えます。

バファリンルナも市販薬として、全国の薬局や薬店で購入することが出来ます。
生理痛や頭痛に素早く効き、効果も高いのが特徴です。
眠くなりにくいのが魅力の一つで、粒が小さくで飲みやすくなっています。

また胃に優しいつくりになっているので、食前に服用しても問題ありません。
用法・用量は他の市販薬と同様、15歳以上で1回2錠となります。
服用は1日3回までで、服用間隔は4時間以上開けることが大事です。

加えて月に10日以上服用する場合は、医師の診察を受けることが推奨されています。
バファリンルナはダブル処方という作りで、生理痛を素早くブロックする効果を発揮します。
そして眠気が起こりにくいので、仕事前の服用でも問題がありません。

市販の生理痛のデメリット

イブAにはアリルイソプロピルアセチル尿素が配合されており、場合によって薬疹が出る可能性があります。
また長い間市販薬を服用し続けると、効き目が現れるまでに時間がかかる例もあります。
場合によっては1時間以上も効き目が現れるまでに時間がかかることもあるわけです。
それはバファリンルナにも共通しており、服用し続けると効果が鈍ることがあるわけです。
稀ですが体質によっては、全く効かない例も報告されています。

市販の生理痛薬が痛みを抑えるのは、黄体から出るプロスタグランジンというホルモンの分泌を抑制することにあります。
当ホルモンは痛みを引き起こす作用のほかに、子宮を収縮させる働きもあります。
但し痛み止めでプロスタグランジンを減らしても、身体に不都合が生じることは殆ありません。

確かに生理痛薬を過剰に摂取すると、子宮の収縮が大きくなることもあります。
それ故服用の際には、用法・用量を守ることが大事です。
市販の生理痛薬によっては眠気をもたらすことがあり、運転前などの服用は控えるようになっています。

プロスタグランジンには胃の粘膜を保護する働きがあり、痛み止めで抑えすぎると胃を荒らす原因になります。
またブランド名が同じ薬でも、含まれる成分が同じだとは限りません。
それ故普段服用する市販薬では、商品名を正確に覚えておくことが大切です。
たとえばバファリンAの痛み止め成分はアスピリンで、バファリンEXはロキソプロフェンナトリウム水和物です。

市販の生理痛薬を服用する際には、他の薬との併用にも注意することが肝心です。
市販の風邪薬には重複した成分が含まれていることが多いので、併用の際には薬剤師などのアドバイスを受けることが推奨されています。

市販の生理痛の薬のメリットを読まれたあなたにオススメの記事