ピルは購入するなら病院より通販サイト > 低用量ピルのジェネリックを使うメリット・デメリット

低用量ピルのジェネリックを使うメリット・デメリット

低用量ピルは毎日飲むことで避妊をより確実にしてくれますし、更年期の症状の緩和や生理周期を整えるのにも役立ってくれます。
低用量ピルは婦人科など医療機関で処方してもらうことができますが、薬の費用が高い、もう少し安くならないかと考えている人もあるのではないでしょうか。
低用量ピルは同じ薬でも医療機関により費用は違いますので、まずは近隣のクリニックから比較してより安く処方してくれる医療機関を見つけておきましょう。
安く低用量ピルを購入するのであればジェネリック医薬品を選ぶという方法もあります。

ジェネリックは安く販売されていますが、安いから効果が劣るというわけではありません。
ジェネリックは新薬の特許が切れてから別の医薬品会社が製造販売する薬で、同じ有効成分で作られていますので、新薬と同じ効果効能があります。
すでに有効成分や作り方がわかっていることでより安く提供できるようになっています。

ジェネリックの低用量ピルを選ぶメリットは、まず同じ効果の薬がより安く入手できるということがあげられます。
ジェネリックは海外医薬品の個人輸入という形で入手する人も多いですが、この場合であれば医療機関に足を運ぶ手間もなくなりますし、診察費や交通費などが発生しないのもメリットです。
薬は自宅まで配送してくれますので、余計な待ち時間もありませんし、24時間いつでも注文できますので忙しい人にも薬を入手しやすくなります。

デメリットも知っておきたいですが、同じ効果の薬ですので正しく使えばデメリットはほぼないと言えるでしょう。
病院で処方してもらう時のように医師や薬剤師からの説明が受けられないのはデメリットと言えるかもしれません。
そして、海外医薬品は個人輸入代行業者を通じて注文する人が多いですが、業者選びを間違ってしまうと正規品ではない薬が届く可能性もあります。
さらに、海外からの発送となりますので、到着までにはある程度の時間も必要ですので、余裕を持って注文するよう心掛けましょう。

低用量ピルのジェネリック医薬品の種類と値段の違いは?

医療機関で処方されている低用量ピルにはヤーズ、フリウェルLDなどがあげられますが、月経困難症の治療では保険適用が行われます。
とはいえ、こうした薬も避妊目的では使えないものもありますので注意が必要です。
医療機関以外で避妊目的のジェネリックの低用量ピルを購入するのであれば海外医薬品の個人輸入が便利で、国内ではまだ販売されていない薬も入手することができます。
海外医薬品の低用量ピルのジェネリックにも色々な種類がありますが、ノベロンも有名な薬のひとつです。

ノベロンは世界でも広く認可されている低用量ピルのマーベロンのジェネリックで、成分も同じです。
低用量ピルの中でも卵胞ホルモンであるエストロゲンの量は最小となっており、副作用が少なく使いやすい薬となっています。
飲み方としては生理の一日目から服用し一日一回、一錠を飲みます。
21日間続けて7日間薬を休み、また次のシートを飲み始めます。

価格の違いも知っておきたいですが、病院で処方されているマーベロンが一箱が2500円~4000円程度なのに対し、ノベロンはより安く1800円~2000円程度で提供されています。
そして個人輸入で購入する際はある程度まとめ買いをする人が多いですが、まとめ買いをすれば割引を受けられますのでより一箱あたりの価格が安くなりますので、年間ではかなりお得です。
個人輸入は一個からでも注文可能ですが、長く継続して薬を飲む人は、ある程度まとめて注文することがおすすめです。
海外医薬品の代行業者によって薬の価格は違いますので、じっくり比較して選んでいきたいですが、ただ安さだけで選ばずに業者の信頼性や実績も重視して安心して入手できるお店を見つけていきましょう。

低用量ピルのジェネリックを使うメリット・デメリットを読まれたあなたにオススメの記事