ピルは購入するなら病院より通販サイト > 低用量ピル「トリキュラー」の特徴

低用量ピル「トリキュラー」の特徴

低用量ピルは排卵を抑制する経口避妊薬ですが、望まない妊娠を回避するために比較的長期にわたって飲むことになりますので、低用量になっているのが特徴です。
低用量と言っても避妊効果はしっかりありますので、子供を作りたくない時には飲んでおくと安心です。
レボノルゲストレルという言葉を聞いてもピンとこない人の方が圧倒的に多いでしょうが、レボノルゲストレルは英語で黄体ホルモンのことをいいます。
これに同じく英語でエチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンを組み合わせて女性ホルモンを作っているのが低用量ピルです。

低用量ピルには多くの種類があり、特徴も異なります。
また、昨今は月経前困難症の治療薬として保険適用にもなったことから、治療の一環として用いられることもあります。
そのため、女性によっては体に合う、合わないということも起こってきます。
一般的に体に合わない例としては吐き気がしたり、出血が起こったり、腹痛がしたりといった症状が挙げられます。
このような場合は低用量ピルが体に合っていないということで、別のものに替えてみるのがいいでしょう。

選択肢は数多くあり、トリキュラーという低用量ピルの名前を聞いたことがある女性も多いと思われます。
トリキュラーは医薬品の開発では定評のあるドイツのバイエル薬品が研究・開発した低用量ピルで、日本においてトリキュラーを服用するには、医療機関で診察を受け、医師の処方の元で服用することになります。
トリキュラーの作用は排卵の抑制と、子宮内膜を厚くしないために精子が着床できなくなるようにすること、さらに精子が子宮に入りにくくするなどです。
この3つの働きで避妊効果を高めてくれる他、生理痛がひどい女性の場合、トリキュラーの服用によって生理痛が軽くなったり、貧血が改善されるなどの効果も発揮します。
本来の目的で飲み始めたのとは違うところで改善効果が現れるのは、女性としては素直にうれしいところです。

トリキュラーと同じタイプの低用量ピルは?

低用量ピルと一口に言っても、そのタイプは進化を遂げる段階でかなり変わってきています。
それがよく言われる世代という表現です。
現在のところ、低用量ピルは第1から第4までの世代に分かれており、これほどに世代がわかれた理由は販売時期と黄体ホルモンの内容の違いによります。

トリキュラーは第2世代の低用量ピルで、現在は第4まであることを考えると比較的早い段階から開発、使用されてきたといえます。
レボノルゲストレルという黄体ホルモンが使われていることは先に述べましたが、従来のピルよりも黄体ホルモンの量を減らすのに成功しながらも、より高い避妊効果を実現したことが最大の特徴です。
アンドロゲンによる副作用が出やすいという問題はありました。
それも本来女性の体に備わっている自然なホルモン分泌パターンに近づけるように女性ホルモンの総摂取量を減らせたことにより、卵胞ホルモンの量を削減しながらも高い避妊効果を得ることができたのが、第2世代の最大の特徴です。

トリキュラーと同じ第2世代の低用量ピルとしては他にアンジュやリビアンが代表的で、よく処方されます。
これら第2世代の低用量ピルは3相性と呼ばれる成分の3段階変化を実現したことにより、低用量ピルを服用することで起こっていた不正出血などの副作用を大きく軽減することに成功したところも特徴です。
初めて飲む場合、飲み始めに軽度の不正出血が認められることがありますが、2シート目を飲む頃には軽度の副作用は安定してきますので、医師の指示のもとで飲むことにより、安全に避妊することが可能です。

生理不順に悩む女性にもトリキュラーをはじめ、アンジュやリビアンなどの第2世代の低用量ピルが処方されることは多くあります。
生理周期を正しい状態にすることができるため、女性の体の異変を早期に見つけるのに大いに役立ってくれる低用量ピルとなっています。