ピルは購入するなら病院より通販サイト > ピルを服用した時の副作用とは

ピルを服用した時の副作用とは

ピルの副作用として多く見られるのは血栓症やむくみ、太るなどといったリスクですが、一番は、吐き気です。
ピルの服用者の約半数が経験している代表的な副作用になります。
ピルの服用を続けていると体が慣れて血栓症や、むくみ、太る等と言った症状は治まっていくものの、吐き気は中々消えません。

特に喫煙者にリスクが多く、我慢が出来ないほど吐き気が酷い場合もあります。
吐き気は日常生活に支障をきたしてしまう辛い症状ですので、その原因や対処法をよく知り、上手に付き合っていくようにしましょう。
利用者が最も感じることが多い気持ち悪さである吐き気とは、具体的にどのような症状かというと、軽いつわりのようなもので、ほとんどの場合は気持ち悪さを感じる程度で治まり、嘔吐まで悪化する人はほとんどいません。
下痢や胃のむかつきといった症状が出ることがあります。

これはピルに含まれるホルモンによるものと言われていて、気持ち悪さを催してしまう場合があります。
詳しく仕組みを説明しますと、まずエストロゲンによる嘔吐中枢刺激作用によるものがあります。
エストロゲンが含まれているビルを飲むと、体内にあるエストロゲンの後で高まるため、嘔吐中枢を刺激しエストロゲンの濃度が高まり気持ち悪さを引き起こしてしまうのです。
エストロゲンは臭覚を敏感にする働きを持っていて、普段は感じないような匂いも強く感じてしまうことも原因です。

それから、プロゲステロンによる低血糖が起こるため、インシュリンの働きが悪くなる作用があり、その結果血糖値を下げるコントロールをしてしまう働きにより、血糖値が突然下がってしまうのです。
血糖値を食事をとるだけでも、上昇した血糖値をインスリンが下げてくれるとはいえ、インスリンの働きが鈍くなると大量のインスリンを分泌することになり、その結果急に血糖値が下がって一時的に低血糖になってしまうのです。
こうすると中枢神経が刺激されて吐き気が引き起こされます。
また精神的な問題で苦手意識から吐き気を起こしてしまう場合があります。
ですので拒否反応が起こりやすい人は、喫煙者ならば煙草を吸って、気持ちをできるだけリラックスして安心して飲むように気をつけましょう。

ピルを選ぶ際に、副作用が起こりにくいピルを選ぶということも重要になります。
ロエッテのような低用量ピルは卵胞ホルモンの量が通常のピルより少ないので、副作用が発生しにくくなっています。
低用量ピルは避妊以外の利用方法もあるので、ぜひ一度効果を確認してみてください。

副作用が生じた時の対処法

吐き気が続くのはとても辛いものであり、仕事や日常生活に支障をきたしてしまうと問題になります。
そのために以下の方法によってピルの吐き気にうまく対処していきましょう。

まず一つ目は酔い止め薬を飲むというものです。
軽度の吐き気の場合ならば、市販の酔い止め薬でだいぶ改善されます。
薬局で市販されている乗り物酔いの薬で、トラベルミンなどが配合されたものを使用すればかなり吐き気がおさまります。

二つ目の対処法は、ピルを夕食後や寝る前に飲むように心がけるというものです。
空腹時や早朝にピルを飲んだ場合は吐き気を引き起こしやすくなるので、飲む時間帯を変更すれば吐き気をあまり感じずに済む場合があります。
続いての対処法としては、1錠を半分に分けて飲むというものがあります。
ビルを半分に割って12時間ごとに半分ずつ飲むようにすると、半錠なら成分もあまり強くならないので、体内のホルモンバランスの変動も急激にならずに済みます。
その結果吐き気が弱まります。
しかし、避妊効果も薄まってしまうので、コンドームをしっかりして避妊を行っていくように心がけましょう。

またさらなる対処法としては、ピルの種類を変更するというのがあります。
ピルによる吐き気があった場合には、1シート目が終わる前にピルを変更してみるのが良いでしょう。
変更する際は世代相性などピルの種類を変えてみると良いかと思います。

例えば第2世代を使っていたならば第3世代にして1相性を使っていたとしたら、3相性というように変更するようにすれば吐き気が無事治ってくれる場合があります。
エストロゲンの量が多いために起こっている可能性があるので、エストロゲンの少ないピルに変更することで改善が期待できるわけです。