ピルは購入するなら病院より通販サイト > アフターピルのジェネリック医薬品について

アフターピルのジェネリック医薬品について

ピルは効果的な避妊方法として安全性の高さからも注目されています。
原理はホルモン剤の摂取により排卵を抑えることで妊娠を防ぐというシステムになっています。
飲み忘れると効果がなくなるので注意が必要です。
ピルを飲み続けたからといって不妊になってしまうということはなく、飲むのをやめてしまえばまた正常な生理周期が戻ってくるのです。

またピルには避妊の効果以外にも肉体や精神の不調を整える作用があることも確認されています。
ピルにも様々な種類が有り、低用量ピルやアフターピルといったものがあります。
アフターピルは、緊急避妊のためのピルで予期せずにコンドームが外れたり破れたりしてしまった時に使用する緊急手段としてのピルとなります。
注意事項としてはコンドームと違って性病の予防には効果がありません。

ピルには多くのジェネリックが存在しています。
先に販売されていた薬の特許が切れた時から同じ成分を使用して作られた薬のことをジェネリックと呼んでいます。
なぜジェネリックという後発医薬品の方が価格が安くなっているのかというと、新しく開発するための費用や時間をかける必要がないのでその分安く提供できるという訳です。

また特許は失効しているので特許料を支払う必要がないことも理由のひとつです。
安いからといって効果が下がっているということはなく、ジェネリックとして承認されるためには先に販売されていた薬と同等の効果を有していないといけないのです。

現在主流となっているアフターピルのジェネリックには4種類存在しています。
購入は多くの方が通信販売を利用して入手されています。
クリニックでも取り扱っている場合があります。

先発薬にはレボノルゲストレルという成分を含有しています。
この成分は性行為の後72時間以内に服用することで避妊の効果を得ることができるようになっています。
この有効成分であるレボノルゲストレルを含むジェネリックは先発薬よりも安価に入手することができるということです。

アフターピルのジェネリック医薬品の費用はどれくらい?

先発薬と同等の効果を発揮するジェネリック医薬品としてシー72というアフターピルがあります。
この薬は性行為をした後、72時間以内のできるだけ早いうちに1錠を服用することで7割から8割の確率で避妊することができる薬です。
この72時間という目安は、受精から着床までに、生理を起こすまでの時間が72時間ということで、薬の女性ホルモンに類似した成分が受精卵の着床を阻害することで妊娠を防ぐことができるようになっています。
もしも受精してしまった場合でも子宮の内膜が増加することを抑えているので着床ができにくくなるのです。
副作用としては、はき気や頭痛、眠気などが報告されており含有成分は緊急避妊として有効と認められているレボノルゲストレルで、これは先発薬の成分と同じものとなっています。

通信販売での取り扱いの相場価格は1箱に1錠として1100円から1700円までの間となっています。
価格は通販サイトによって開きが多少あります。
他社の同様なアフターピルの相場もだいたい同じです。

先発薬を処方してもらうためには、1錠で12000円以上かかるのが相場となっており、それに加えて診察料も必要になってくるのでジェネリックとの価格差はかなり大きいものとなっています。
使用する予定が決まっていて、まとめ買いする必要がある場合などは価格差はより大きく開いていくことになります。

シー72は通販サイトでセット販売されているケースが多くあります。
セットの箱数が多くなればなるほど1箱当たりの単価は安くなります。
1箱での販売価格1680円のものが3箱セットであれば1箱1252円、7箱のセットの場合は1箱1097円と個数が増える毎に割引されているのです。

アフターピルのジェネリック医薬品についてを読まれたあなたにオススメの記事