避妊のためにピルを活用する女性は決して少なくはありません。
日ごろからピルを服用する習慣をつけていれば望まぬ妊娠を避けることができますし、その他にもいくつかのメリットが得られます。

ただ、避妊薬を毎月購入するとなると気になるのはその値段です。
トータルコストがどの程度必要になるのか、あらかじめチェックしていくことが大切です。
必要に応じて購入方法を変えてみるなどして、より自分に合ったピルを探していくようにしましょう。

ピルの購入方法と値段

人差し指をさしている看護師

ピルの購入方法は大きく分けて二つあります。
その一つが病院で診察を受けて、医師に処方してもらう方法です。
ピルを病院で購入する場合、保険が適用されないことが大半のため、その分費用負担は大きくなっていきます。

それぞれの病院で具体的にいくら必要になるのかは異なってくるものの、平均であれば3000円から4000円ほどで1シート購入することができます。
1か月あたりでこの値段というのであれば決して高すぎることはありませんが、病院で購入するとなれば薬代とは別に診察代が必要になってくるので注意が必要です。
病院によっては毎月のようにプラスの費用が必要になってくるので、節約を徹底していきたい場合には別の方法でピルを入手していきましょう。

では、他の方法であれば具体的にどのくらいの金額が必要になってくるのでしょうか??ピルの購入方法には他に通販サイトを利用する方法が挙げられます。
病院と違って診察代がかかることがない分コスト面でのメリットが多くなるというわけです。
通販サイトを活用した場合であれば、1シートあたり病院の半額程度で購入することができます。

購入する薬の種類によって多少の違いはありますが、トータルコストをできるだけ減らしていきたいという人はこの方法がおすすめとなってきます。
海外であればピルが市販されている国もありますが、日本の場合はそうではありません。

あくまで国内向けに売り出されているピルを入手するには病院を受診するしか方法はないということです。
通販サイトを使った方法は、海外で市販されているピルを個人輸入という形で入手しています。
ピルの入手方法について、こうした二つの方法の違いを押さえておくようにしましょう。

ピルを購入するのに個人輸入は違法じゃない?

キーボードとおもちゃの買い物カート

そもそも、ピルを入手する方法として取り上げた個人輸入、違法ではないのでしょうか?日本の場合には市販されている薬は限られています。
市販されている薬は医師の判断がなくても手軽に服用できる、危険性の少ない薬ばかりです。
ピルのようにホルモン成分が含まれているものに関しては、医師の処方がない限りは購入することができないわけです。
そんな中、通販サイトを利用すれば個人輸入という形でピルを入手することができます。

これはあくまで海外で売り出されているピルを自分が使用するために購入しています。
個人輸入したピルを別の人に売ったというのであれば、法律に反しているので刑罰に処されることがありますが、個人で使用する分には特に大きな問題はありません。
個人輸入した薬はあくまで自己責任で服用していくこと、そして売買目的で購入しないこと、こうした点を守っていれば違法ではないということです。

ピルは主に避妊やホルモンバランスを安定させるために服用するものですから、ほとんどのケースでは自分で服用するために購入しています。
よっぽど悪用しない限りは、後になって問題になることもないということです。

薬は病院で購入するものという考えに固執して個人輸入に抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、これは決して珍しい方法ではありません。
むしろ、個人輸入という形であれば日本で売り出されているピルと同じ成分で作られたものを、より安く購入することができます。
違法でないのであれば、これは活用するに越したことはないというわけです。
薬を購入する際、通販サイトを利用することに不安があるという人はまず、こうした点をしっかり押さえておくといいでしょう。

ピルの役割と効果

ピルの服用によって得られるものとして、代表的なものであれば非常に高い避妊効果が挙げられます。
もちろん、ピルを服用しているからといって絶対に避妊ができるのかと言われればそうではありませんが、飲み忘れがない限りは高い確率でそれが可能です。
また、ピルで得られる効果はそれだけではありません。ピルには女性に欠かせない二種類のホルモン成分、エストロゲンとプロゲステロンが含まれています。
エストロゲンは主に排卵を促す役割があり、プロゲステロンには子宮内膜を厚くして、より受精しやすい、妊娠しやすい状態を体を作っていく役割があります。

ピルはこの二つのホルモン組み合わせることで、排卵自体を起こさないようにして体内のホルモンバランスを一定に保っているわけです。
女性の中には不規則な生活、乱れた食生活、ストレスなどの要因でホルモンバランスが大きく乱れてしまう人もいます。

このバランスが乱れてしまうと肌あれが起こったり、体調不良を起こしやすくなるなどさまざまなトラブルが頻発するため、とりわけ注意が必要です。
女性は毎月のように訪れる排卵によってホルモンバランスが極端に変化していきます。
そのたびに体調不良を起こしているようであれば日常生活にも支障をきたすことになり注意が必要です。

ピルは避妊目的だけでなく、こうしたホルモンバランスの乱れを予防する目的でも活用することができます。
排卵のたびに不調が続くという場合には、ピルの服用を始めてみるといいでしょう。
ピルを飲み始めてすぐに効果が現れるというものではありませんが、服用をしばらくの間続ければ、ホルモンバランスの乱れによる体調不良、生理不順を改善していくことが可能です。

ピルの普及率と中絶の割合

お腹の大きな妊婦

日本のピルの普及率は全体の1パーセント程度とされています。
これは避妊薬の服用が一般的な海外の国に比べると非常に低い数字で、それだけ世間でも知られていない部分も多くなります。
ピルが世間に広く知られているフランスであれば、普及率は41パーセント、ドイツは37パーセントで、イギリスは28パーセントです。

日本との違いは非常に大きくなっています。
日本の場合、2006年のデータで人工中絶の数は27万件を超えています。これを女性人口対比で表すと10パーセント弱となります。
決して大きすぎる数字というわけではありませんが、先に挙げたフランス、ドイツやイギリスに比べると若干大きくなってしまいます。
日本の中絶数が多いのが、避妊薬を服用していないからというわけではありませんが、避妊を徹底することで防げる中絶があるのも事実です。

日本でピルが認可されたのは1999年のことです。
他の先進国に比べると世間に普及するのが遅くなっていることが日本の普及率が他に比べて低くなっている主な原因です。
この他、コストがかかってしまう点や毎日錠剤を服用しなければいないという手間がネックになっていることもありますが、それだけで高い避妊効果が得られるというのであれば決して悪い話ばかりではありません。

今後、日本でもますます普及することが予想されるピル、まずは手軽な方法で購入することから始めていきましょう。
初めて錠剤を服用するという場合には、安全を重視して病院を受診するのがベストですが、ある程度服用を続けていて費用負担を軽減していきたいという場合には、個人輸入を大いに活用していきましょう。
手軽で安く避妊ができる、それこそ女性にはメリット尽くしの薬です。